スポンサードリンク
Home >> 肥料の知識 >> 肥料の3大要素+2次要素+微量要素とは?|根から吸収する
Page: 1/1

肥料の3大要素+2次要素+微量要素とは?|根から吸収する

肥料は、植物を育てるために欠かせないものです。
肥料を充分に与えた植物は、健康的に育ち、良く花を咲かせたり、
実を実らせたりします。


■肥料が必要な理由


コンテナ栽培の場合は特に、土の量に限界があるため、
土の中に含まれている養分だけでは、植物が元気に育てません。
また、地植えの場合も、実や花を付ける植物は養分が不足します。


そのために必要なのが、肥料です。植物の生長に必要な、
3大要素+2次要素+微量要素と呼ばれる栄養素を与え、
サポートしてあげます。


■植物が生長するために必要な養分とは?


基本的に、酸素・水素・炭素は絶対的に必要です。
しかし、これらは、空気中から、水やりなどの水から得れるので、
肥料として与えるものではありません。


肥料として与えるのは、まず、窒素・リン酸・カリの肥料の3大要素です。
窒素は「N」と表記されるもので、茎葉の生長には欠かせません。
窒素が欠乏すると、葉の色が変色し、育ちが悪くなります。


リン酸は「P」と表記されるもので、花つき、実つきを良くします。
リン酸が不足すると、開花が見られない、実がつかないなどの、
トラブルになります。



カリは「K」と表記されるもので、根や葉を丈夫に育てます。
病害虫への抵抗力を高める栄養素でもありますので、
不足しないように注意したいところです。


これらは、土の中の根から吸収されるもので、特に大量に
必要になることから、『肥料の3大要素』と呼ばれています。


その他に、土の中の根より吸収するのが、2次要素と呼ばれる、
「カルシウム」、「マグネシウム」、「イオウ」です。


また、微量要素と呼ばれる、「鉄」、「マンガン」、「ホウ素」、「亜鉛」、
「モリブデン」、「銅」、「塩素」も必要になってきます。


合計16の養分が、酸素、水素、炭素とは別に必要です。
これらの要素を、それぞれの植物に合ったバランスで与えることで、
植物を元気に丈夫に育てることができるようになります。
特に、窒素・リン酸・カリ(NPK)の3大要素は、目的に応じて、
肥料選びを行う必要がありますので、重要視しておきたいところです。
るる☆ | - | - | pookmark | category:肥料の知識

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM