スポンサードリンク
Home >> 病気・害虫の症状・防除 >> 洋ラン(カトレヤ・コチョウラン・デンドロビウム)の病害虫
Page: 1/4 >>

洋ラン(カトレヤ・コチョウラン・デンドロビウム)の病害虫

洋ランには、さまざまな品種があります。中には珍しく、
高価な品種もあるので、出来るだけ、大切に、大切に育てて
行きたいところですよね。そのためにはまず、洋ランのかかりやすい、
病害虫について、知っておくことが大切です。


■ナメクジ


カトレヤ
花びらが特徴的なカトレヤ。ナメクジはこの花びらを食害します。


特にカトレヤなどに注意したいナメクジですが、コチョウラン、
デンドロビウム、シンビジウムなどにも起こりやすい被害です。
肝心の花びらに穴を開け、無作為に食べられ、ナメクジの通った跡が残ります。


基本的に夜活動する害虫ですので、夜8時以降に確認し、
見つけ次第捕殺します。ジメジメとした環境を好みますので、
過湿には気を付けて育ててください。


薬剤を使用する場合は、ナメトックス(液)が有効です。
また、銅が出すイオンを嫌う性質がナメクジにはあるようなので、
銅板なども有効です。


■コナカイガラムシ


コチョウラン
ゴージャスな印象のある胡蝶蘭(コチョウラン)


特にコチョウランに気を付けたい害虫ですが、オンシジウム、
カトレヤ、パフィオペディラムなども、要注意です。
「コナ」とあるように、葉の裏などに粉っぽいかたまりがつきます。
多発すると、すす病に発展することもありますので、
出来るだけ繁殖させないように対処していきます。


風通しや日当たりに影響しますので、風通しが良いところ、
日当たりの良いところで、管理するのが予防法の1つです。


また、薬剤としては観葉植物や、花卉類(かきるい)の
登録のある殺虫剤を使用すると、防除しやすいと言えます。


■ハダニ


デンドロビウム
東南アジア生まれのデンドロビウム


デンファレ、ミルトニア、デンドロビウムなどに注意したいハダニは、
葉の色が抜けて、白っぽい斑点ができ、かすれているように
徐々に進行します。このハダニは、クモの仲間で植物に寄生し、
吸汁します。


葉裏に拾っている赤色の虫がハダニになりますので、
注意してください。この中でも、特に被害が大きく、
短時間でやられてしまうこともありますので、葉裏は毎日チェックし、
早期発見に努めてください。
尚、バロックフロアブルや、アーリーセーフが有効です。
広範囲の植物に寄生する特徴がありますので、
被害にあった洋ランまわりの植物も、注意して観察してください。
るる☆ | - | - | pookmark | category:病気・害虫の症状・防除
Home >> 病気・害虫の症状・防除 >> 枝や幹に白い泡、綿、貝殻や卵のようなものがつく

枝や幹に白い泡、綿、貝殻や卵のようなものがつく

■枝や幹に、ぶくぶくとした、泡のようなものがつく


アジサイ
アジサイの花 今年はあじさい寺にもいってみたいなと思っています。


この症状の原因は、『アワフキムシ』と呼ばれる害虫で、
特に気を付けたいのは、アジサイ、ヤマブキ、ツツジ、アベリアなどです。
ぶくぶくとした泡は、目立つので、見つけやすいと思いますが、
そのアワフキムシまでは、パッと見では見つけられないことも…。
泡の中には、黒褐色のアワフキムシがいることもありますので、
十分に注意してください。


この害虫の被害としては、それほど、ひどいものではありませんが、
白い泡は植物の景観を損ねるので、見つけ次第捕殺しましょう。


アワフキムシは、1センチほどの成虫になり、植物の汁を吸います。
泡そのものは、幼虫の排出液になりますので、捕殺を繰り返せば、
それほど被害は拡大しませんが、発生が多い時には、
樹木類の殺虫剤を使用すると良いでしょう。


■枝や幹に、白い綿のようなものがつく


マサキ
非常にかわいい果実のつくマサキ


この症状の原因は、『アオバハゴロモ』と呼ばれる害虫です。
特に気を付けたいのは、マサキ、アジサイ、バラ、コデマリなどで、
大型の庭木などにも良く見られます。


アオバハゴロモは、非常にすばしっこく、小さい害虫ですので、
被害はそれほどひどいものではありませんが、綿も目立つので、
見つけ次第すぐに捕殺してください。ただ、枝が揺れると、
すぐに逃げ隠れるので、注意しましょう。


尚、日当たりの悪いところや、風通しの良くないところに、
発生しやすい傾向がありますので、剪定をするなどして、
栽培環境を整えることが予防に繋がります。
また、7月頃までは、幼虫期になりますので、この頃までに、
ベニカDスプレーを使用して、防除してください。


■枝や幹に、白い貝殻?卵?のような丸いものがつく


サルスベリ
満開の百日紅(サルスベリ)


この症状の原因は、『カイガラムシ』と呼ばれる害虫です。
特に気を付けたいのは、サルスベリで、サルスベリフクロカイガラムシと呼ばれます。


貝殻や卵の形に似たものが枝や幹につき、吸汁します。
多発すると、生長の勢いがなくなり、すす病になることもあります。
落葉した後に被害が目立つようになりますので、その時期は特に注意したいですね。


成虫を見つけたら、削り落とすか、剪定して取り除きます。
幼虫の段階以外は、薬剤の効果が非常に効きにくいので、
ベニカX乳剤を、カイガラムシの幼虫が発生する、6月中旬〜下旬頃、
9月上旬〜中旬頃に散布しておくと良いでしょう。
るる☆ | - | - | pookmark | category:病気・害虫の症状・防除

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM