スポンサードリンク
Home >> 潅水・水やりの知識 >> 冬の水やりの注意点|夏とは逆に日の昇った暖かい時間に与える
Page: 1/2 >>

冬の水やりの注意点|夏とは逆に日の昇った暖かい時間に与える

冬は、夏の水やりとは真逆です。夏は、水が温まってしまうため、
早朝・夕方の涼しい時間に行うのが理想となりますが、冬場は、
水が凍結してしまうことも考えられますので、日の昇ったお昼ごろが理想です。
ただ、この時間帯は平日は特に、在宅されていない方も居ると思いますので、
毎日お出掛けの間際に水やりを行うのが理想です。


また、冬は水道水も非常に冷たく、根に大きな負担を掛けてしまいます。
あらかじめ、じょうろに水を汲み、玄関先などに置いて、少し温めてから
水やりをするのが理想です。
常温水までの温度は不要になりますが、水の温度と、与える時間帯は、
注意しながら管理していくと良いでしょう。


ただし、冬場は多くの植物が「休眠期」に突入しますので、
水やりの回数としては少なく、最小限のお手入れで済みます。
基本の土の表面が乾いた時にたっぷりと与えるのはポイントなので、
冬場は約3日に1回程度の水やりの頻度になります。


頻繁に水を与えすぎると、今度は、土の中が過湿状態になります。
水の蒸発しにくい季節となりますので、それがかえって、
植物にとって辛い環境になることもあります。最悪の場合、
根腐れを起こし、休眠期中に枯れてしまうこともありますので、
充分に注意してください。


冬の間も、夏場同様、時間は違えど、水やりを行う時間帯に
制限があります。また、夏以上に過湿に気を付けなければ
行けない時期でもありますので、冬も水やりのお手入れは
気を抜かずに行ってください。


また、この時期は降雪のある地域、霜のおりる地域など、
気温によって、お手入れに差が出てきます。自身の住んでいる地域の
気温に合わせてお手入れすることも、植物を元気に育てるコツです。
とにかく、休眠期に差し掛かる冬の時期に水やりで負担を掛けないよう、
注意しながら潅水を行ってください。
 
るる☆ | - | - | pookmark | category:潅水・水やりの知識
Home >> 潅水・水やりの知識 >> 夏の水やりの注意点|気温の下がる早朝、夕方過ぎに行うこと

夏の水やりの注意点|気温の下がる早朝、夕方過ぎに行うこと

夏は、水やりに気を遣う季節です。日中はとても暑く、日差しが強いので、
水やり部分もすぐにカラカラに乾いてしまいます。基本的に植物は、
土の表面が乾いたときに、たっぷりの水を与えるのが基本ですが、
夏場は、春・秋・冬に比べて、乾く時間が非常に短くなっているので、
夏以外の季節よりも、念入りに水切れしていないかをチェックします。


この時に注意したいのは、過湿に注意することです。
日本の夏は、高温多湿。土の中の湿度が高まります。
特に、コンテナやプランターを用いた栽培の場合は、置く場所を変える、
すのこを敷くなどの工夫を行い、土の中の湿度が高くなりすぎないようにします。


また、夏の水やりは、早朝、夕方が目安です。暑くなる時間帯は、
水やりした水の温度が熱くなってしまいますので、土の中が、
サウナのようになってしまい、根を痛める原因になります。
”乾いたら、水やり”が基本にはなりますが、乾燥していたとしても、
日中の暑い時間は避けて水やりを行うのがベストです。
そのくらいの間の多少の乾燥は、問題ありません。


さらに、夜間も気が抜けないのが、夏です。夏のムシムシとした暑さは、
夜にも残ることがあります。俗に言う「熱帯夜」になる夜は、
事前に植物を置いているコンテナのまわりや、花壇のまわりなどに、
打ち水をしておくと良いです。こうすることによって、植物まわりの
温度が下がりますので、快適に植物が育ちます。


夏の間は水やりの時間帯が決められてしまう、
土の乾燥に気を付けなければならないなど、制限が掛かりますが、
私たちと同じく、草花も暑い真夏には耐えることができません。
日々の管理は夏の間、少し大変に感じるかも知れませんが、
植物の健康のため、注意点を守った潅水をお願いいたします。
 
るる☆ | - | - | pookmark | category:潅水・水やりの知識

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM