スポンサードリンク
Home >> 花木の剪定 >> 房(ふさ)・銀葉(ぎんよう)、ミモザ・アカシアの剪定方法

房(ふさ)・銀葉(ぎんよう)、ミモザ・アカシアの剪定方法

オーストラリアに自生するアカシア。最近は、アカシアの名よりも、
「ミモザ」と呼ばれることの多い、常緑高木なのですが、
ミモザと、アカシアは厳密には異なる植物になります。
房(ふさ)アカシアと呼ばれるものが、ミモザ。
ギンヨウアカシアと呼ばれているのが、アカシアです。
花も凄く良く似ていますし、性質も、剪定についても大差ないので、
こちらでは、ミモザ・アカシアの剪定方法として、紹介させていただきます。


また、余談ではありますが…ミモザサラダのミモザは、
このミモザの花に由来しています。サラダにふりかけたタマゴが、
ミモザの花に似ていると思いませんか?


ミモザカシア
ミモザサラダのタマゴのような花


■栽培のポイント


寒冷地ではなかなか育てにくい庭木だと言われています。
そのため、寒冷地以外の場所でも、日当たりが良く、
あたたかい場所で育てるのが理想です。


成長は旺盛ですが、移植には適しません。
また、挿し木にてふやすことも難しいため、実生にてふやします。


■花芽のつき方


夏になると、新鞘の先端に蕾がみられるようになります。
この蕾は、翌春(3月上旬〜4月頃)に開花しますので、
今年開花した花は、昨年の夏についた蕾です。


はじめの新鞘には花芽がつきませんので、このあたりも、
注意してください。


ミモザ
開花すると、とても見事な黄色い花がみられます


■ミモザ・アカシアの剪定時期


剪定時期は、4月の中旬頃になります。
開花は先述の通り、4月上旬頃までとなりますので、
花が終わった時が、剪定をはじめるサインになります。


■ミモザ・アカシアの剪定のポイント


ミモザ・アカシアの花芽は夏にできるため、花芽がついてから、
開花までの長い時期は剪定が行えません。また、
花芽をつけるためには十分に枝が長くなってないといけないため、
花の直後に剪定を行い、時期を見逃さないようにしましょう。


枝が太く生長するほど、切ったあとが枯れこみやすくなるので、
2年〜4年枝で切ります。


・庭植えの剪定


庭植えの場合、ミモザ・アカシアは剪定しない選択肢もあります。
十分に広い庭でスペースがあるのであれば、剪定しないことにより、
枝も広がり、たくさんの開花が見られ、黄色い花が見事に咲きます。


高さや、幅に問題が生じたら、選定するのが一番です。
伸びすぎている枝のみ切り戻す、といった剪定方法も有効です。
ミモザ・アカシアの生育は旺盛ですので、細いうちに切るのも得策です。
るる☆ | - | - | pookmark | category:花木の剪定

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM