スポンサードリンク
Home >> 植物の基本知識 >> 多年草の樹木の種類|常緑樹と落葉樹の違いとは?

多年草の樹木の種類|常緑樹と落葉樹の違いとは?

樹木は、そのサイクルより常緑樹と落葉樹の2種類に分けられます。
常緑樹は、一年中、緑の葉が茂る木のこと、対する落葉樹は、
秋になると、葉が枯れて休眠する木のことです。


この2つの違いは、見た目に大きく違いが出ますので、
ガーデニングのデザインを検討するときは、事前に、常緑樹なのか、
落葉樹なのかを調べておく必要があります。


例えば、お庭の境目などに生垣のあるお宅も多いですが、
生垣は、冬など季節関係なく葉が茂っていて、1年中同じように見えます。
これが常緑樹です。
こういった場所に落葉樹を入れるのは適していないことになるので、
充分、事前に違いを調べた上で購入すること良いでしょう。


また、樹木は高く伸びる木、高さの低い木、横に広がるものなど、
さまざまなものがあります。また、つる性のものもありますので、
最近は、節電対策として使われることもあります。


ガーデニングであれば、花を付ける樹木がとてもおすすめです。
ツツジ、サクラ、ウメ、アジサイ、バラなどが代表例です。
中でも、バラはつるバラ、ミニバラといった種類や品種が豊富なので、
お庭の一面をバラにする、ローズガーデンをつくられる方も多く居ます。


夏を感じさせるアジサイも人気があります。
落葉樹ではありますが、アジサイの色鮮やかな色合いや、
大きくボリュームのあるお花は、お庭のアクセントにもぴったりです。


ガーデニングをする際は、一年草、二年草、多年草、樹木を、
バランス良く組み合わせてつくるのが、1番賑やかになるかと思います。
是非、園芸プランの参考にしてみてくださいね。
るる☆ | - | - | pookmark | category:植物の基本知識

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM