スポンサードリンク
Home >> 寄せ植え・花壇・デザイン >> 【春】ゼラニウム|相性の良い他の草花と寄せ植えにする

【春】ゼラニウム|相性の良い他の草花と寄せ植えにする

4月〜11月頃まで長く開花が楽しめるゼラニウム。
非常に、色鮮やかな草花ですので、花壇・寄せ植えにピッタリです。
また、花そのものもボリュームがありますが、葉も見応えがあります。
比較的大株に育ち、草丈も30〜100センチほどになりますので、
春の花壇・寄せ植えの中でも、良く目立つメインになれます。


ゼラニウム&ビオラ
ゼラニウム・ビオラの寄せ植え


■ゼラニウムの育て方のポイント


ゼラニウムは、非常に丈夫で育てやすい草花ですが、
夏の暑さや、冬の寒さには、少々苦手な性質があります。
また、じめじめとした環境を嫌いますので、土の中が、
過湿状態にならないように、気を付けながら、管理を行います。
特に、「真夏」や「真冬」と呼ばれる時期に過湿になってしまうと、
根へのダメージが大きく、株自体が弱くなってしまいます。


ゼラニウムを育てる環境としては、良く日の当たる場所を好みます。
次々と花を咲かせるために、肥料を必要としますので、
生育の著しい時期には、じわじわと効く、緩効性化成肥料を、
1ヶ月〜2ヶ月に1回与えて、サポートしてあげてください。


■ゼラニウムの寄せ植えのコツ ウィンドウボックスの使用


ゼラニウム
ウィンドウボックスを利用したゼラニウムのコーディネート


ゼラニウムは、まず、ウィンドウボックスを利用するのが、
オススメの方法です。オーソドックスな方法ではありますが、
窓辺を華やかに、ボリューミーに飾ってくれるので、
窓際の印象が格段に良くなります。


また、ゼラニウムを楽しむのであれば、ぜひ、草丈の異なる、
他の植物と組み合わせて楽しんでみてください。
例えば、アイビーや、つるバラなど、つる性の植物との相性が良いです。


さらにゼラニウムは、さまざまな品種があり、花色だけではなく、
葉の形や、色合いから、ゼラニウムの品種を選ばれる方も多いです。
花壇・寄せ植えの点から見て、葉色や、葉の形から選ぶのは、
とても良いことだと思います。ゼラニウムの品種の中には、
花だけではなく、葉の鑑賞も楽しめるものがありますので、
そういったところから、自分好みの組み合わせを選んでみるのも良いでしょう。
るる☆ | - | - | pookmark | category:寄せ植え・花壇・デザイン

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM