スポンサードリンク
Home >> 多肉植物 >> 多肉植物|夏型種・春秋型種・冬型種|生育型の違い

多肉植物|夏型種・春秋型種・冬型種|生育型の違い

■夏型種


アロエ
夏型種の定番♪ アロエ


生育適温は、20度〜30度ほどであるため、冬は生育が止まり、
休眠状態に入ります。春〜秋に掛けての時期が生育の旺盛な時期で、
夏の暑い時期も、生長するものが多いです。
こういった性質があるため、多くの夏型種は日差しを好みます。


ただし、難しいのは、暑すぎるのに弱い種類もあると言うことです。
一般的に多肉植物として人気のある、カランコエ、アデニウム、
アロエなどは、強い日差しも大好きですので、問題ありません。


夏型種・春秋種・冬型種とありますが、その生育型の中でも、
特に夏型種は育てやすく、初心者向けの多肉植物です。
注意したいところは、夏場の根腐れ(過湿)、そして、冬の寒害です。


■春秋型種


エケベリア
フォルムが美しい春秋型種のエケベリア


生育適温は、10度〜25度ですので、春秋型種の名の通り、
春と、秋に生育が旺盛になる種類です。
日本の30度を超える夏はとても苦手です。また、日本の冬も、
寒すぎて苦手とする種類が多く、夏・冬は生育が止まり、
休眠します。
逆に真夏の時期は、水やりを行うのをやめ、強制的に、
生育を止めてしまう方が、株の痛みが少なく、秋にも元気に生育できます。


基本的には、日差しを好む種類の多肉植物が多い春秋型ですが、
ハオルチアなどの種類は、軟葉系と呼ばれ、強い日差しが苦手です。


春秋型種は、色鮮やかで、フォルムもやわらかいものが多く、
とても人気があります。人気のある、ベンケイソウ科の多肉植物も、
そのほとんどが、この春秋型種に属します。


注意したいところは、温暖な時期に育つ種類であるため、
病害虫の防除が必要なところ、そして、真夏、冬の気温に注意することです。


■冬型種


コノフィツム
冬型種のコノフィツム


生育適温は5度〜20度ほどと、適温がかなり低く、
日本の場合は、冬に生育する多肉植物です。
ただ、勘違いしないでおきたいのが、決して、寒さに強いわけでは
ないと言うことです。


もちろん、真夏は気温が高すぎるため、休眠に入りますが、
春・秋はゆっくりながら生育するものですので、
春・秋、気温が20度を超えるような場所で管理しないよう、注意してください。


メセン類や、セネシオ・グレゴリーなど、人気の種類も多いです。
夏の根腐れ(過湿)、冬の寒害にも十分注意して育ててください。
るる☆ | - | - | pookmark | category:多肉植物

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM