スポンサードリンク
Home >> 植物の基本知識 >> 植物を増やすには?挿し木・株分けなどの栄養繁殖の方法

植物を増やすには?挿し木・株分けなどの栄養繁殖の方法

多くの植物は、開花⇒受粉⇒種、このように繁殖します。
ただ、植物最大の特徴は、これ以外にも増やす方法があります。
それが、『栄養繁殖』と呼ばれる方法です。
園芸においては、種をとり、増やすことももちろんありますが、
この『栄養繁殖』を用いて、株を増やすことも多いので、覚えておきましょう。


チューリップ
チューリップは、分球にて増やすことが出来ます。


■主な栄養繁殖の方法


【接ぎ木】
増やしたい植物の芽、枝を、他の植物に接ぎ、
両方の良いところどりをする方法です。
病害虫に強い苗などをつくるのに、良く用いられます。


【分球】
球根に出来た、小さな子球を分けて使用する方法です。
1個の球根から、いくつかの球根が利用出来る方法になります。


【挿し木】
増やしたい植物の茎、枝を土に挿して、根を伸ばす方法です。
応用として、下記の「葉ざし」もあります。


【葉挿し】
挿し木の一種ではありますが、茎や枝を使用するのではなく、
葉を土に挿して、根を伸ばす方法です。


【株分け】
増やしたい植物の根と芽を付けたまま、いくつかに分け、
2つ以上の株に増やす方法です。


【とり木】
増やしたい植物の枝に、わざとキズを入れて、
そこから根を伸ばさせ、それを利用して増やす方法です。


バラ
バラは、挿し木にて増やすことが出来ます。


このように、栄養繁殖には、さまざまな方法があります。
園芸においては、人為的にこれを行うことになりますが、
その場合も、『栄養繁殖』といっています。


種から繁殖させる場合とは異なり、増やした植物は、
一部例外を除き、元となる”親”と、同じ性質のものになるので、
花色や、花形など、気に入った株を増やす方法に適しています。


意外と簡単に根付いてくれるものもあれば、そうでないものもあり、
なかなか奥深い作業だと言えるのですが、園芸においては、
この「増やす作業」が、面白さであると答える人も多く居ます。


それぞれ、植物によって、栄養繁殖の適した方法は異なり、
また、それぞれの作業の時期も異なりますので、
気に入った株を増やしたい時は、まず、その性質を調べ、
適した方法、適期に、栄養繁殖の作業を行ってください。
るる☆ | - | - | pookmark | category:植物の基本知識

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM