スポンサードリンク
Home >> 植物の管理作業 >> 不要枝の種類と剪定|庭木のいらない枝の見分け方

不要枝の種類と剪定|庭木のいらない枝の見分け方

不要枝とは、他の枝の生長に影響のある枝や、庭木の全体的な
樹形を悪くしている枝のことです。この不要枝を切ることが「剪定」の目的。
放置すると、その分の栄養が他の枝に回らず、幹や他の枝に影響が出ます。


日当たりや、通気性を確保するためにも、この不要枝を見極めて、
枝の流れや、枝葉のつき方を良くし、庭木を健康に育てられるようにしましょう。


ジューンベリー
耐寒性のある、人気のシンボルツリー「ジューンベリー」


■不要枝の種類 どの枝がいらない?


【ひこばえ(ヤゴ)】
ひこばえ、またはヤゴと、呼ばれる根元から出る細い枝のことです。


【胴ぶき枝】
幹の途中から出る細い枝のことです。


【逆さ枝】
木の外側ではなく、内側(幹)の方へ向かって伸びている枝のことです。


【徒長枝】
極端に勢いのある、その年にぐんぐん伸びた枝のことです。


【下がり枝】
上へ上へと伸びるはずの枝ですが、下に伸びるものもあり、
それが、「下がり枝」といいます。


【ふところ枝】
枝の手前、幹に近いところの内側に生える細くて小さい枝のことです。


【車枝】
1箇所から、何本にも分かれてしまった枝のことです。


【立枝】
横に伸びるのではなく、直立して伸びた枝のことです。


【交差枝】
交差してしまった枝は、その交差しているうちの1本を剪定します。


【並行枝】
平行に伸びる枝は、その平行になっているうちの1本を剪定します。


【枯れ枝・病気枝】
枯れている枝や、病気になってしまった枝葉のことです。


ハナミズキ
ハナミズキの紅葉


以上、こちらに記載した庭木の名称のすべてが『不要枝』です。
この不要枝の種類、1本1本、剪定するべき枝になります。


ただし、庭木の剪定にはきちんと目的、適期がありますので、
そちらは絶対です。適期に行わなければ、例え、不要な枝でも、
庭木に大きな負担を掛けることとなり、生長に悪影響となります。
【参考】庭木の枝の切り方|剪定の目的と、適期について


尚、まだまだ育て始めたばかりの庭木など、枝数の少ない木は、
枝数が増えるまで、剪定作業は行わなくても大丈夫です。
枝数が少し増え、見栄えに問題が出始めたら、
上記の不要枝の種類を確認し、剪定を行いましょう。
るる☆ | - | - | pookmark | category:植物の管理作業

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM