スポンサードリンク
Home >> 多肉植物 >> 多肉植物|冬の管理方法・加温・栽培上の注意点

多肉植物|冬の管理方法・加温・栽培上の注意点

種類の多い多肉植物の中でも、日本産のセダムや、
高い山を原産地とする、センペルビブムなどの多肉植物は、
割と、日本の冬にも耐えられる性質があり、屋外でも管理できます。
それ以外の種類に関しては、基本的には室内にて管理します。
多少、加温管理の必要な種類もありますので、合わせて紹介します。


センペルビブム
高山性のセンペルビブム


■基本的な室内での管理方法


目安は、外気温が5度以下になります。5度を上回る時や、
5度を上回る日中などは、屋外にて管理することもできますが、
出来るだけ、この時期になったら室内に取り込み、窓際など、
日光に当たる場所に置き場所を移して管理します。


しかし、夜間など窓際の温度が下がり過ぎる時もあるので、
夜は部屋の中音に移すなどの管理が必要です。
また、あまりに気温の下がる地域では室内に置いていても、
凍ってしまうこともあるので、気を付けてください。


■加温の必要な多肉植物の種類


アデニウムや、アデニア、パキポディウム、イポメアなどの
多肉植物は、多少の加温が必要なケースもあります。
目安となる温度は、7度です。室内に置き場所を移しても、
7度以下の気温になると、なかなか冬越しが難しくなります。


そんな時には、温床マットや、温風機、ヒヨコ電球などの
加温器具を使用し、暖めつつ、冬越し管理を行うと良いでしょう。


室内の多肉植物
室内に取り込んだ多肉植物


■多肉植物|冬場の管理方法


寒冷地以外の場所でも、冬場の栽培には注意するべきです。


夏型種は、水やりをやめ、完全に断水させ、生育を止めます。
冬に水やりを行うと、水分が滞留して、根腐れの原因になります。


冬型種も、あまりの寒さになれば、生育は悪くなるので、
水やりの頻度や、量は調節して少なくします。


寒冷地での生育型別の説明は、下記に詳しく記載しましたので、
こちらも合わせてお読みください。
多肉植物は、寒冷地でも育てられる?春秋型種・夏型種・冬型種


尚、先ほども紹介した加温器具がある場合などは、
夏型の多肉植物を冬でも十分に生育させることが出来たりなど、
多肉植物の栽培を、さらに楽しく管理することができます。


ただし、小型のフレームや、温室を利用する場合は、
植物が日焼けしてしまうことも考えられますので、十分に、
取り扱いには注意してください。
るる☆ | - | - | pookmark | category:多肉植物

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM