スポンサードリンク
Home >> 多肉植物 >> 多肉植物 5月の育て方

多肉植物 5月の育て方

小さい多肉植物
まだ小さな多肉植物たち


5月は、気温の上昇とともに、多くの多肉植物の生育が
著しくなります。夜の温度も、ある程度の気温が保たれるので、
この時期からの管理が、上手に育てるポイントになってきます。


☆5月の多肉植物


・夏型種


パキポディウムなどは、花盛りになりますが、アデニア、
フォッケアなどはつるが伸びる時期、アガベ、アロエ、
ユーフォルビアなどは徐々に新葉が展開しだします。


・春秋型種


多くの春秋型種は、生育中になります。
特に、セダム、エケベリア、パキフィツムなどの生育は著しく、
遅咲きのものは、開花の見られる時期です。


また、この時期はセンペルビウムの発色が良くなり、
文頭、小吹も活発に行われます。目に見えて多肉植物の
生長が楽しめる時です。


・冬型種


冬型メセン類の一部は、5月の気温上昇とともに、
休眠期・生育停止に入り始めます。アエオニウムや、
セネシオにいたっては、まだまだ生育が進みますが、
生育しないものもあるのを、頭に入れておきましょう。


尚、オフタルモフィルムや、コノフィルムの株の表面は、
徐々に黄色くなり、乾燥からしわが表面に出来てきます。


☆5月の多肉植物の管理


・夏型種、春秋型種


種まき、葉挿し、挿し木、切り戻し、株分け、植え替えなどの
作業の適期になります。植えたままになって生育の
弱まっている株や、草姿が乱れつつあるものは、
早めに植え替え作業を行い、切り戻してください。


また、水やりを行っても生育しない株については、
根に問題がある場合が多いです。傷んでる根を切って、
乾燥させた後に植え替え作業を行います。


5月、生育スタートした多肉植物は、根が活発に張るので、
この時期に寄せ植えをつくるのが、良いでしょう。
寄せ植えをする時には、同系統のものを集めると、まとまります。
下記の記事も、参考にしてみてください。
多肉植物のコレクション|コレクターになるための集め方


・冬型種


夏になると、冬型種は休眠し、生育が止まります。
そのため、5月は冬型種に対して作業を行いません。


ベンケイソウ エケベリア
ベンケイソウ科 エケベリアの開花


☆5月の多肉植物の置き場所


・夏型種、春秋型種


生育期に入った多肉植物は、風通しの良い、
日なたにて管理します。日光の光を浴びることによって、
綺麗に発色するなどのメリットはありますが、
葉焼けしてしまうデメリットもありますので、急激な気温の変化が
起こらないよう、注意しておきます。


特に、室内管理から、戸外管理にする時などは、
日光に少し当てて室内に戻すなど、株を、戸外に、
慣れさせることが大切です。
尚、ガステリアや、ハオルチアに関しては、室内でも、
明るい半日陰の場所で育てます。


・冬型種


終日高温になる場所にて管理すると、
早めに生育が止まってしまうため、雨が当たらない、
日陰になりやすい、涼しい場所にて管理します。
こうすることによって、冬型種でも、ある程度の生育期を維持出来ます。


先ほども少し触れさせていただきましたが、
冬型メセン類の表皮にしわが出来たり、黄色くなった時は、
一日中、涼しく風通しの良い場所に移してください。


ユーフォルビア ウルフェニー
ユーフォルビア ウルフェニー


☆5月の多肉植物の水やり


・夏型種、春秋型種


夏型種と春秋型種を上手に育てるためには、
用土が乾いた時に、たっぷりと与える潅水方法がベストです。
ただし、大きく育てずに、小振りのまま可愛く育てたい場合は、
少し乾かし気味に育てるのがポイントです。


・冬型種


水やりは、少なめに行います。この時期に乾燥させつつ、
育ててあげると、冬型種の夏越しの失敗を減らすことが出来ます。


☆5月の多肉植物の肥料


・夏型種、春秋型種


液体肥料または緩効性化成肥料を少し使用出来ます。
クラッスラや、エケベリアなどのベンケイソウ科の多肉には、
肥料は与えない方が良いです。これは、ベンケイソウ科の
多肉植物の鮮やかな色合いを損なわないようにするためです。


・冬型種


この時期には、肥料を与えないでください。
この時期の肥料は、夏越し失敗の原因になります。


☆5月の多肉植物の病害虫


多肉植物の種類が違えば、害虫の種類、発生時期も異なります。
共通して気を付けたいのは、4月にも発生する、カイガラムシや、
アブラムシ、アザミウマ、ハダニ、キノコバエの幼虫などです。


例えば、このキノコバエの幼虫ですが、
ハオルチア・オブツーサは、この被害を受けやすいものの、
他の害虫に関しては、ほとんど被害を受けません。
あと、注意したいのは、ユーフォルビアにハダニの発生率が
高いことですね。健康に育てるためにも、毎日の、
多肉植物の観察は、忘れずに行いましょう。
るる☆ | - | - | pookmark | category:多肉植物

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM