スポンサードリンク
Home >> 多肉植物 >> アロエの増やし方|挿し木の方法と適期

アロエの増やし方|挿し木の方法と適期

アロエは、薬用にも用いられる多肉植物ですので、
数ある多肉植物の中でも、最も、知名度の高い植物だと言えます。
ユリ科に属するアロエにも、さまざまな種類のものがありますが、
今日は、そんなアロエの増やし方について紹介したいと思います。


自生するアロエ
自生するアロエ


■アロエの増やし方について


アロエは、種類にもよりますが、地下のランナー、茎より、
小吹するものが多く、株を増やす場合には、挿し木が適していますが、
方法としては、鉢植えではなく、露地植えも間違いではありません。
鉢への挿し木は簡単な増やし方になりますが、日当たりを重視して、
肥培する環境があるのであれば、確実なのは、露地植えです。


■アロエを露地植えで増やすには?


大体、深さ、幅ともに40センチ程度の穴を掘ります。
ここへ、完熟堆肥や、鶏糞などを、10センチ程度まで入れ、
アロエを植えていきます。


水はけの良い土であるのが理想的ですが、水はけが
悪い場所であるなら、20〜30センチ程度の盛り土をすると良いです。


アロエの花
花も楽しめます


■適期について


行うのは、寒害の心配のなくなる春頃が最適期です。
ここから、秋口まで、寒害の被害を受ける前までは、
露地植え栽培を行います。


冬になり、霜がおりる頃になったら、そのまま抜きあげて、
鉢に植え替えるなり、冬越しを行ってください。
この時、なるべく冷たい風に晒さないような場所が理想です。


■露地植えのメリット


露地植えのメリットは、鉢植えに挿し木するよりも、
生育が旺盛になるので、小吹も盛んになります。ここからさらに、
出た子を約6センチ程度で切り取って挿し木すれば、
どんどんアロエを増やすことができます。
また、発根したら春に同じように露地植えすれば、生育が良くなります。


このように、挿し木と露地植え、2つの作業を組み合わせるのが、
アロエの株を効率良く増やすコツになってきます。


尚、若い株から子をとる場合は、十分に発根していることが、
ポイントです。葉、2〜3枚を残して茎を切り、肥培するだけで、
子がどんどん出てくるので、上部は挿し木して育てて行きます。
るる☆ | - | - | pookmark | category:多肉植物

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM