スポンサードリンク
Home >> 多肉植物 >> 多肉植物栽培 上級者の楽しみ方

多肉植物栽培 上級者の楽しみ方

多肉植物は、ここ近年、特にファンの増えている多年草です。
多肉植物の少し変わった草姿は、「見て」楽しむ園芸に、
とても向いていることが、1つの理由だと思います。


一般的にガーデニングは、『開花』や、『株を増やすこと』を、
目標・楽しみとしてされている方が多いと思います。
多肉植物の場合にも、同じように、開花方法や、増やし方は、
共通の気になる部分だと思いますが、今回の記事では、
多肉植物をひと通り育てた上級者の方にオススメの、
多肉植物ならではの楽しみ方を紹介したいと思います。


ダドレア
ダドレア 多肉植物らしい種類のひとつ


■盆栽のように、1つの株をじっくりと育てる楽しみ


多肉植物は、何年も、じっくりと、株を育てることができます☆
群生させて行ったり、枝を仕上げていくと、1つの株でも、
寄せ植えせずに、見応えのある草姿に育ってくれます♪
特にオススメなのは、コノフィツムや、ポーツラカリアなどです。


■多肉植物の増やし方をマスターする楽しみ


多肉植物は、非常に「科」や「属」がいろいろあり、
種類が豊富です。それによって、さまざまな生態となりますから、
増やし方も、たくさんの方法が考えられます。
花茎についた小葉から増やす方法や、葉の縁から芽を出す方法、
さまざまな増やし方を学んでみるのも、多肉植物の楽しみ方です。


カランコエの花
バラのように咲くカランコエ


■出回っていない珍しい種類、未知の種類を見つける楽しみ


多肉植物は、前項の通り、栽培方法もまだわからないような、
たくさんの種類がありますので、新種も、続々と発見されています。
名前もまだ聞いたことがないような珍しい品種のものを育てたり、
未知の種類の多肉植物を見つけたりするのも、多肉植物
ならではの楽しみとなります。


アロエの花
アロエは、花も楽しめます


また、それらに加えて、多肉植物は、1種類の鉢植えにしても、
寄せ植えにしても、ハンギングバスケットにしても、岩付けにしても、
とても見応えがあります。こちらも、多肉植物の生態の特性が
あるからこそ出来る鑑賞方法の選択肢となっているので、
魅せ方で、広げていくのも良いと思います。
るる☆ | - | - | pookmark | category:多肉植物

Profile


【管理人】なあちゃん☆

Category

Entry

スポンサード リンク

ブログランキング

多肉植物ランキング
人気ブログランキングへ
インフォブログランキング
blogramランキング参加中!
JRANK人気ブログランキング
花・園芸ブログ 季節の花
ブログランキング
とれまが人気ブログランキング

SEO

  • SEOブログパーツ




Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM